室内スタンドを利用して、ロードバイクを自室に保管するメリット

ロードバイクを楽しんでいる人が悩まされるのが、バイクの保管場所となる。一戸建てに住んでいる人の場合には、ガレージなどに保管することができるのであるが、マンションなど集合住宅に住んでいる人の場合には、保管場所の確保が問題となるのである。ママチャリなどの場合には、マンションの駐輪場に置いても、まず大丈夫なのであるが、ママチャリとは違い高額なロードバイクの場合には勝手が違う。
 マンションの屋外にある駐輪場に置いておくと、盗難に遭う危険性があるのである。また、風雨や砂埃などによって、メンテナンスが大変になる可能性も高くなる。そこでおすすめしたいのが、室内用のスタンドなのである。室内スタンドを購入すれば、もちろん、室内スタンドを利用するだけのスペースは取られるのであるが、ロードバイクをマンションの自宅内で保管することができるのである。
 現在、さまざまなタイプの室内スタンドが販売されており、選択の幅も広いのである。保管スペースをとってしまう横置きタイプではなく、縦置きタイプのものであれば、バイクを置く場所を確保することができるという人も多いのではないだろうか。また、壁にひっかけて保管する方法などもあるので、自分の部屋に合わせた保管方法を選択することをおすすめする。
 室内スタンドで、自転車を部屋の中に保管するということに、抵抗を感じる人もいるのであるが、室内で保管することによって、ロードバイクのメンテナンスを、室内スタンドを利用して行うことができるというメリットがある。簡単なメンテナンスであれば、室内でも十分行うことが可能なのである。
 そもそもロードバイクには、スタンドなどの付属品は装備されていない。高速走行が目的の自転車だからなのである。後付けできるものや、持ち運びすることができるスタンドも存在するのであるが、装着するとその分車体重量が増えてしまう。また、フレームが傷んでしまう場合もある。街乗りだけという人には、あると便利なのであるが、レースや長距離サイクリングで、ロードバイクに乗るという場合には、後付けしない方がよいのである。
 ロードバイクの人気は上昇傾向にあり、その人気と相まって、転売を目的としたプロの窃盗団による盗難も増加している。大切な愛車を守るためには、室内保管がベストなのであるが、マンションの駐輪場で保管する場合には、駐輪方法にも工夫が必要となる。ロードバイクは軽いので、車輪のみの地球ロックだとフレームを盗まれてしまう可能性があるのである。ゆえに、フレームまでしっかりとつないで、地面に固定されてる柱や柵に、地球ロックをかけるようにしなければならない。さらに、切断されにくいU字ロックやチェーンロックを、タブルでつけておくことをおすすめするのである。
 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ss795551/ninapresicek.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントを残す