作成者別アーカイブ: リンカーン

荒川ルブリカント

サイクリスト専用マンション「ルブリカント」

2019年3月に竣工  荒川沿い

立地が荒川沿いなので、荒川サイクリングロードをサイクリングするにはとてもイイ立地。昔はガンガン追い込んでトレーニングができたけど、近年はサイクリストが問題になっている様子が残念。

cyclist.comに1年経ってから紹介

不動産屋さんの空室状況をみると、半数近くが空室のなのではないかと推測される。サイクリスト専用マンションって、デベロッパーとしては開発コンセプトがキャッチーに見えるが、自転車乗りにしてみると。サイクリスト専用だからといって特にメリット感じない。普通のマンションで自分の部屋に持ち込めればいい。他の設備は特に要らない。

物件概要

物件タイプ マンション
最寄り駅 東西線 南砂町 13分

所在地 東京都江東区東砂7-11-16
構造 鉄筋コンクリート(RC造)
階建 地上11階建て
築年月 2019年03月
こだわり条件 オートロック・宅配ボックス・バストイレ別・浴室乾燥機・ウォシュレット・駐輪場あり

ロードバイクの魅力は自由な風になれることである

ロードバイクは実際に乗ったことのある人にしかわからない魅力がある。その魅力の1つが、自転車の持つ美しさである。その美しさの根源は人力で動く乗り物であるという点である。今の世の中で人力で動く乗り物は自転車である。しかも時速30キロを超えるスピードが出る。人力でペダルを踏み、風を切って走る自転車の美しさの全てが、ロードバイクにはあるのである。部屋に盆栽を飾るように、ロードバイクをマンションの室内に飾っている人もいる。スタンドがないので、壁に立てかけておくその姿は自転車好きの人にはたまらないのである。ロードバイクのもう一つの魅力は、1人で楽しむことができるということである。今の世の中、スポーツと言われるもので1人で楽しむことができるものは、それほど多くはないのである。マラソンにしても他者との競争というグループスポーツである。しかしロードバイクはその日の気分で、自分の行きたい場所へ1人で行くことができる。そこには何の制約もない自由さがある。この自由さこそが、ロードバイクの最大の魅力である。またグループで楽しむことができるのも、特徴である。1人とは違ってチームワークを保ちながら遠出をする楽しさもまた、自転車ならではの楽しみ方である。ちなみに自転車のショップには、チームを組んで定期的にツーリングにでかける催しを行っているところもある。このように人それぞれの楽しみがあるのがロードバイクの良さであるが、別の側面から眺めると健康にも良いというメリットがある。運動不足を解消できるのである。自転車を漕ぐという動作は最も効率の良い有酸素運動なので、サラリーマンなどのようにデスクワークの多い仕事をしている人間にとっては、かっこうの乗り物なのである。週末になると愛車に乗って遠出をする中年の姿をよく見かけるが、趣味と健康を両立させている典型的な姿である。もう一つの楽しみ方として、本体を分解して輪行袋に入れて列車で地方へ行き、そこからツーリングを楽しむという方法もできる。車に乗せて長距離を移動すれば、北から南まで自由に土地を選んでツーリングを楽しむことができるし、海外でもそれは可能である。スポーツには色々ある。ジョギングもウォーキングも自分の力で自由に走れるし、歩ける。しかもそれらのスポーツはほとんどお金がかからないのである。それに対してロードバイクは初期費用がかなり必要となる。初心者でも最低10万円の製品は必要だし、上を見れば切りがないほど高い製品もある。しかもメンテナンスの費用もバカにならないのである。それでも愛好者が増えているというのは、それだけ魅力がある証拠である。1度でも風になった経験のある者は、その魅力から逃れられないのである。

室内スタンドを利用して、ロードバイクを自室に保管するメリット

ロードバイクを楽しんでいる人が悩まされるのが、バイクの保管場所となる。一戸建てに住んでいる人の場合には、ガレージなどに保管することができるのであるが、マンションなど集合住宅に住んでいる人の場合には、保管場所の確保が問題となるのである。ママチャリなどの場合には、マンションの駐輪場に置いても、まず大丈夫なのであるが、ママチャリとは違い高額なロードバイクの場合には勝手が違う。
 マンションの屋外にある駐輪場に置いておくと、盗難に遭う危険性があるのである。また、風雨や砂埃などによって、メンテナンスが大変になる可能性も高くなる。そこでおすすめしたいのが、室内用のスタンドなのである。室内スタンドを購入すれば、もちろん、室内スタンドを利用するだけのスペースは取られるのであるが、ロードバイクをマンションの自宅内で保管することができるのである。
 現在、さまざまなタイプの室内スタンドが販売されており、選択の幅も広いのである。保管スペースをとってしまう横置きタイプではなく、縦置きタイプのものであれば、バイクを置く場所を確保することができるという人も多いのではないだろうか。また、壁にひっかけて保管する方法などもあるので、自分の部屋に合わせた保管方法を選択することをおすすめする。
 室内スタンドで、自転車を部屋の中に保管するということに、抵抗を感じる人もいるのであるが、室内で保管することによって、ロードバイクのメンテナンスを、室内スタンドを利用して行うことができるというメリットがある。簡単なメンテナンスであれば、室内でも十分行うことが可能なのである。
 そもそもロードバイクには、スタンドなどの付属品は装備されていない。高速走行が目的の自転車だからなのである。後付けできるものや、持ち運びすることができるスタンドも存在するのであるが、装着するとその分車体重量が増えてしまう。また、フレームが傷んでしまう場合もある。街乗りだけという人には、あると便利なのであるが、レースや長距離サイクリングで、ロードバイクに乗るという場合には、後付けしない方がよいのである。
 ロードバイクの人気は上昇傾向にあり、その人気と相まって、転売を目的としたプロの窃盗団による盗難も増加している。大切な愛車を守るためには、室内保管がベストなのであるが、マンションの駐輪場で保管する場合には、駐輪方法にも工夫が必要となる。ロードバイクは軽いので、車輪のみの地球ロックだとフレームを盗まれてしまう可能性があるのである。ゆえに、フレームまでしっかりとつないで、地面に固定されてる柱や柵に、地球ロックをかけるようにしなければならない。さらに、切断されにくいU字ロックやチェーンロックを、タブルでつけておくことをおすすめするのである。
 

マンションにおけるロードバイクスタンド

ロードバイクスタンドとはロードバイクを立てかけて安全に保管するための機器である。マンションなどの集合住宅においては取り分けスペースを有効利用することが重要になるため、室内でも活用できるタイプが人気である。屋外用のものは敷地内に設置されている場合もあるが、自転車が一般的な人気を得て資産的にもかなり投資している人が増えている現状からみるとセキュリティ上の観点から自宅内に置くというのも良くみられるケースである。
ロードバイクをスタンドに掛ける場合には縦横二種類の方法を取ることができる。縦は文字通り自転車の前後方向を上下にする形で90度回転させて設置することで、必要な面積を節約する方法である。横は通常駐輪する形と同様に固定するもので、インテリアやメンテナンスを考えるとこの方式の方が効率的な場合もあるため、自分のスタイルに合わせて選択する事が基本である。
軽量なものであっても金属や様々な素材を用いて作られているので、耐久性や耐荷重性のあるスタンドを安全に設置することがマンションにおいては基本である。転倒したり破損したりといった事があるとロードバイク自体のダメージになるだけではなく、近所への騒音などを引き起こしかねないため気を付けるべきであると言える。確実な取り付けを行う方法としては、壁に直接打ち付けてスタンドを固定するという方法やスタンドラックそのものをある程度大きな構造のものにして安定化を図るという方法が効果的である。床と天井に突っ張る形で固定するものなどもあるため、住居の方式に合わせて適切に選択しておくようにすると建材の保護にもつながるため有効である。
簡易的におくことができ、安全性も高い形のものは床に前後輪の片方、あるいは両方をつける形で駐輪するタイプのものである。この場合には最悪落下するという危険もなくなるし、ちょっとずれるという事があっても周囲の家具を上手く配置するといった工夫で被害を最小限に食い止めやすいからである。家族で活用するというケースも良く見られるものであるため、何両留めることができるものなのかを調べたうえで購入することも大切である。
マンションでは特に部屋ごとの区切りや立ち入り制限などが難しい場合もあるので、乳幼児のいる家庭であったり年配者の同居があるといった場合には細かいパーツに衝突して怪我をしてしまうといった事態を避けられるようにする工夫も必要になる場合があるので、住居だけではなく自身の家庭環境も留意していくことがポイントである。単純な方法としては危険物などについては集積したうえで施錠をするようにしてそこにロードバイクスタンドも設置する、またカバーをかけるなどで直接接触することを避けるなどが行いやすい対策である。”

住宅事情から考えるロードバイクの保管方法について

地球温暖化や、原油価格高騰が続くなか自動車の販売台数は横ばいであるが、特に20代の若年層が自動車免許を取得しない傾向が続いている。このようなバックグランドの中、個人の健康志向の影響もあり近年自転車がブームになっている。特にロードバイクは性能も向上してきたこともあり、大人の趣味やスポーツとして広くユーザーが増えている。またロードレースやトライアスロンなどの競技や、従来バイクでのツーリングを趣味としてきた層がロードバイクでのツーリングへとシフトするなどユーザーの裾野も広がっている。また、前述のように健康のためまたは経済的な事情もあり、日常生活においても自動車や公共交通機関を利用せず通勤通学に自転車を利用する人も増加の一途をたどっている。このように公私において自転車はかつて無いほどに身近な乗り物になっているのであるが、特に都市部においてマンションに住む人にとっては日常の保管場所が深刻な問題になっている。従来の安価な自転車であればマンションの外部駐輪場でも問題なかったのであるが、ロードバイクなどの高価な自転車の盗難事件が頻発しており簡単に駐輪できないという状態である。なかには100万円近くするものもあり施錠しているからといって安心できないのである。そのような中で室内に保管するというのが当たり前になってきている。従来の考え方であれば考えられないことであるが、自転車がユーザーにとってより身近なものとなり、折りたたむこともできたり、自転車自体のデザイン性も向上していることからそんなに抵抗感も無く室内に保管する人は案外多いのである。中にはリビングにインテリア感覚で保管している人もいるようである。案外自分のこだわりを主張するアイテムとして見せているという一面もあるのかもしれない。室内での保管方法も様々である。玄関先の廊下やリビングにスタンドを置き床にそのままおく方法。自転車を縦置きにし壁に立てかける方法。なかには専用の壁掛けフックで壁につるしたり複数つるせるラックを利用したりしてリビングに置く人もいる。こうなると完全に部屋の真ん中で存在を主張する立派なインテリアだ。上下に複数台つるす人もおり、ここまでくると自転車専門店かと思えるほどである。むしろそういう空間で生活することに喜びを感じるのであろう。これから先はこういった価値観を持った人が、自転車の保管ありきで最優先事項で部屋を選ぶようになるかもしれない。以前であれば駅から近いとか駐車場があるとかそういった事情と同じようなものだ。であれば部屋を提供する業者目線でいえば自転車の保管という要素をを間取りにとりいれたり物件のアピールの際に自転車での通勤通学の利便性を押し出すというのも他業者との差別化として考慮すべき課題となるのではないだろうか。

これからロードバイクを始める人のための基本的な知識

ロードバイクというのは自転車の一種であるが、舗装道路で中距離や長距離を走るのを目的に作られている。テレビなどでおなじみのツール・ド・フランスという自転車競技で使われる自転車で、高速走行のために作られているため、普通の自転車に付いているスタンドがないのが特徴である。また値段も高価なので、マンションの自室に入れて保管する。自転車が好きな人には自分の部屋にロードバイクを置いておけるのはとても嬉しいことで、部屋のインテリアにしている人もたくさんいる。ロードバイクは見た目がスマートなので一般の人には乗りにくいというイメージがあるが、実際は誰にでも乗れるようになっている。しかし初めて乗る人は一応の知識を持つことで、更に快適に乗りこなすことができる。まず先立つものはお金なので、イニシャルコストがどれくらいかかるのかを知る必要がある。一般的には12万円から17万円あれば必要かつ最低限のアイテムをそろえることができる。具体的にどのようなアイテムが必要なのかというと、バイク本体、ヘルメット、グローブ、ウエア、シューズなどは必需品である。その他にもロックやライトなどの備品も必要となる。初めてロードバイクに挑戦する時、最低でもこのようなアイテムが必要で、その他にもランニングコストがかかってくる。ランニングコストというのはロードバイクを楽しむことで必要になるメンテナンス費用などのことで、例えばタイヤとブレーキは消耗するので常に気をつけておく必要がある。一般的にタイヤは2000から3000キロ走ると交換することになり、1本5000円ぐらいかかる。タイヤは前後にあるので、1回交換すると1万円になる。またブレーキも消耗するので交換する必要があるが、製品によってはカートリッジシューという機構が採用されているものがあり、これはゴムのブレーキシューを交換するだけなので安価で簡単である。以上がロードバイクを始めるに当たっての基礎知識で、次は本体の選び方が重要になる。色々なバイクが売られているので購入方法も人様々だが、自分に合った買い方をするのが大事である。例えば初心者なので値段の安いものを選ぶとか、一番人気のあるものを選ぶとか、とにかく後悔しないように自分のイメージで選ぶことが大切である。また目的によっても選び方は違ってくる。極端なことをいえば、マンションの部屋に飾っておくのが目的の人もいるので、そういう人は自分の好きなデザインや色で選べばいいのである。そうではなくて実際にレース用として買う場合には、スピードが出るものが必要になる。通勤や通学などのように普段使いをする人なら、フレームが頑丈にできているものが向いている。ロードバイクを選ぶことも楽しみの1つなので、じっくり検討して考えることである。

マンションの室内で保管するためのロードバイクスタンドについて

マンションに住んでいる人が、ロードバイクを室内に保管するメリットについて、ご紹介しよう。まず第一に、盗難やいたずらを予防することができることが挙げられる。ロードバイクは、安くても1台10万円以上もするような高価なものなのである。マンションの駐輪場に、頑丈なロックをかけて駐輪していても、盗難被害は増加傾向にある。ゆえに、室内で保管する方法が有益なのである。
 屋外の駐輪場に置く場合には、持ち運びしやすいワイヤーロックは、大型の工具などを使うと、簡単に切られてしまうので注意が必要だ。また、最近の盗難は、分解しやすいという高級自転車の特性を利用して、細かくパーツ単位に分解して、中古店に売るという手口も少なくないのである。さらに、高級自転車はサドルを抜き取られやすく、サドルによっては、留め具ごと盗まれる事例も多いのである。ワイヤーロックやU字ロック、チェーンロックなど、カギによる防犯対策よりも、保管場所に気を遣うという防犯対策の方が有効なのである。

 室内で保管すると、サビや日焼け防止になるというメリットも挙げられる。日焼けしてしまったフレームは、塗装して直すしかなく、再塗装にはそれなりの費用がかかってしまう。また、紫外線による劣化で、シートポストが融着してしまうこともあり、融着した場合、数か月はフレームから剥がれなくなるのである。さらに、室内保管であれば、メンテナンスも楽であるし、インテリアとしても成立するというメリットもあるのである。

 マンションの室内で、ロードバイクを保管する場合には、ディスプレイスタンドやワークスタンドを利用する。ロードバイクは、わりと頻繁にメンテナンスが必要となる。空気圧の調整からチェーンオイルの張り替え、ブレーキの調整やタイヤの交換など、複数のメンテナンスの必要がある。こういったメインテナンスの際にも、自転車を宙に浮かせた状態のまま固定するワークスタンドが、大活躍するのである。ワークスタンドがない場合には、ロードバイクを横に寝かせたり、天地逆にしたり、壁に寄りかからせたりなど、メンテナンスに余計な手間がかかってしまう。
 保管やメンテナンスに便利なワークスタンドには、いくつかの種類が存在し、上から吊り下げるタイプや、下から持ち上げるタイプ、後輪だけ持ち上げるタイプなどがある。おもなメンテナンスはショップに任せて、自分ではチェーンとタイヤくらいしか弄らないという人には、後輪だけ持ち上げるタイプをおすすめする。ワークスタンドは、本格的なものでなければ、わりとリーズナブルな価格で入手することが可能なのである。突っ張り棒タイプのスタンドであれば、ロードバイクを空中に配置することができるので、狭いワンルームなどでも保管することができるのである。
 ”

ロードバイクは日常における便利な乗り物。

日常において、人間は移動手段として多くの乗り物を利用してきた。自動車やバイクがその代表格として挙げられる。しかし近年、環境への配慮などから大きな注目を集めているのは自転車である。自転車にも様々な種類がある。その中でも人気があるのがロードバイクと呼ばれるものである。ロードバイクは必要最小限の機能が厳選して取り付けられている簡素な自転車である。

スタンドというような補助的な機能なども省かれているので、マンションの自転車置き場に止めておくのはあまりお勧めすることはできない。効果なものは盗難の危険もあるので、部屋の中に保管する方がよいと言える。その際にには専用のスタンドがあるのでそれを利用するなら、便利に収納することができる。さらにおしゃれなロードバイクも多々販売されているので、そのようなものはインテリアとしても効果を発揮するだろう。

さらにロードバイクは非常に経済的ということもできるだろう。ガソリンの値段は世界中の状況によって様々な変化を見せる。時には石油の値上がりによって交通費が大幅に上昇してしまうことも珍しくない。しかし、自転車はそのような変化とは全く無縁である。まさに最強の乗り物ということができるかもしれない。

都会では、車で移動するとしても、止める場所に困るということをよく聞くことがある。一時間いくらという表示のあるパーキングが多くなってきて、かなり便利にはなってきているが、やはり費用がかさむという面からみても、車での移動はためらってしまうのではないだろうか。しかし、ロードバイクならばそのような悩みとは無縁である。さらに、車を所有するとなると、様々な維持費がかかってくることは言うまでもない。保険代、車検代、駐車場代、修理代そしてガソリン代などである。そのような費用は自転車には一切ない。かなりの節約になる。都会の渋滞の問題を合わせて考えるなら、本当に効果的な乗り物だということができるだろう。

その他にも注目できるメリットがある。健康面の効果である。運動することがどうしても少なくなってくる現代の社会において、自転車はまさに救世主と言うことができるだろう。体への負担も少ないので、注目している人も少なくない。ファッションの面からも非常に注目されている。今の時代自転車、中でもロードバイクは大きな注目の的なのである。

是非一度近くの自転車やさんを訪れて、自分に合った一台を探してみてもらいたい。最近ではインターネット上でも様々な自転車を閲覧することができる。カラーやデザインも様々な物があり、パーツやアクセサリーもいろいろなものを楽しむことができる。一度この分野に足を踏み入れると、様々な楽しみを経験することができるのである。