マンションにおけるロードバイクスタンド

ロードバイクスタンドとはロードバイクを立てかけて安全に保管するための機器である。マンションなどの集合住宅においては取り分けスペースを有効利用することが重要になるため、室内でも活用できるタイプが人気である。屋外用のものは敷地内に設置されている場合もあるが、自転車が一般的な人気を得て資産的にもかなり投資している人が増えている現状からみるとセキュリティ上の観点から自宅内に置くというのも良くみられるケースである。
ロードバイクをスタンドに掛ける場合には縦横二種類の方法を取ることができる。縦は文字通り自転車の前後方向を上下にする形で90度回転させて設置することで、必要な面積を節約する方法である。横は通常駐輪する形と同様に固定するもので、インテリアやメンテナンスを考えるとこの方式の方が効率的な場合もあるため、自分のスタイルに合わせて選択する事が基本である。
軽量なものであっても金属や様々な素材を用いて作られているので、耐久性や耐荷重性のあるスタンドを安全に設置することがマンションにおいては基本である。転倒したり破損したりといった事があるとロードバイク自体のダメージになるだけではなく、近所への騒音などを引き起こしかねないため気を付けるべきであると言える。確実な取り付けを行う方法としては、壁に直接打ち付けてスタンドを固定するという方法やスタンドラックそのものをある程度大きな構造のものにして安定化を図るという方法が効果的である。床と天井に突っ張る形で固定するものなどもあるため、住居の方式に合わせて適切に選択しておくようにすると建材の保護にもつながるため有効である。
簡易的におくことができ、安全性も高い形のものは床に前後輪の片方、あるいは両方をつける形で駐輪するタイプのものである。この場合には最悪落下するという危険もなくなるし、ちょっとずれるという事があっても周囲の家具を上手く配置するといった工夫で被害を最小限に食い止めやすいからである。家族で活用するというケースも良く見られるものであるため、何両留めることができるものなのかを調べたうえで購入することも大切である。
マンションでは特に部屋ごとの区切りや立ち入り制限などが難しい場合もあるので、乳幼児のいる家庭であったり年配者の同居があるといった場合には細かいパーツに衝突して怪我をしてしまうといった事態を避けられるようにする工夫も必要になる場合があるので、住居だけではなく自身の家庭環境も留意していくことがポイントである。単純な方法としては危険物などについては集積したうえで施錠をするようにしてそこにロードバイクスタンドも設置する、またカバーをかけるなどで直接接触することを避けるなどが行いやすい対策である。”


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ss795551/ninapresicek.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントを残す